CO.HACHIOJI元気な企業インタビュー

第94回 (株)コスモ計器

過去の記事はこちらをクリック

 

八王子と世界を繋ぐ架け橋に

取材先 株式会社コスモ計器(代表取締役社長 古瀬智之)

所在地 東京都八王子市石川町2974-23

電話 042-642-1357 FAX:042-646-2439

E-mail:cosmoHR@ns.cosmo-k.co.jp

URL www.cosmo-k.co.jp/

■設立/1970年6月  ■資本金/7,200万円 ■社員数/176名

■事業内容/工業用計測器製造販売

       

 

機械を稼働するために必要な材料、例えばガスや空気や水といったものが、機械内で漏れが生じると故障や事故に繋がりかねない。そうした事態を事前に防ぐための気密性検査装置を製造販売している企業がコスモ計器である。世界14か国に現地法人を置き、販売だけでなくアフターフォローに注力し、お客様の一番近くに寄り添うことで、きめ細かいサービスを実現している。私たちの生活が安心安全に送れるために、世界中の笑顔を守るために、全社知恵を絞り、汗を流し今日も活躍している。

 

自社の強みや魅力はなんですか?

エアリークテスターのメーカーは世界的に数少なく、国内で当社含め2社、海外でもフランス・ドイツ・アメリカ各国1・2社ずつしかないことから、競合先が少ないことが大きな強みです。その中で、他社がやらない「お客様にとって良いこと」をやると優位性が高まると考えて経営をしています。一番注力していることは、国内外のお客様の近くに拠点を設けて、お客様から呼ばれたらすぐ伺えるネットワーク作りです。これを構築するには相当な時間とお金がかかりますので楽

ではありません。しかし、そこをきっちり築き対応迅速な仕組みがとれています。そしてサービスは「人」なので人材育成も長い時間かけて取り組んでいます。心がけていることは「お客様のためにいいことを出来るか」の「使命感」です。一人ひとり使命感を持ってもらえるよう、従業員と向き合っています。
製品はもちろん、人や場所の面でお客様のことを第一に考えたより良いサービスを提供していることが当社の強みであり魅力です。

 

 

どのような製品/サービスを提供されていますか?

配管や部品などの気密性を検査する装置「エアリークテスター」の製造販売を主に行っています。加圧や減圧による圧力変化から、ガス・空気・水などの漏れ具合を数値的に検知することができるこの装置は、自動車部品・水道・医療・食品など様々な分野で活躍しています。その他、工業用計測器として圧力計や流量計なども製造販売しています。また、製品提供だけでなく、アフターサービスにも注力しています。エアリークテスターの取り扱いは高い専門性を有するため、顧客先のフォローが必要です。

現場でのコンサルティング業務や装置点検を、国内外どこのお客様に対しても迅速に出来るよう、現在国内8営業所、海外13か国に拠点を設け、サービスを提供しています。

 

従業員に求める能力/スキルはなんですか?

使命感を持って仕事が出来ることが重要です。これは元々の資質として求めているというよりは「うちの会社はこういう使命感を持たなければならない」事に仕事を通じて感じ、会社とかみ合ってくれる能力と考えています。何のために仕事をするのか、生活のためも当然ありますが、それだけでは使命感には繋がりません。また、前向きな性格とチャレンジ精神を持てると、仕事が楽しくなりますので、結果的にお客様にとって良いことを実現でき、お互いの笑顔にも繋がります。

 

 

−従業員の方にお聞きしました−会社で働くやりがいを教えてください

 

計測器に表示される数字が本当に正確であるか、機能しているかの確認等、品質を担保・保証する部署として仕事をしています。お客様ともありますが、基本的には社内間のやり取りが多く、いかに有益で付加価値のある情報を伝えられるかが、仕事のクオリティと考えています。例えば、出荷前製品の品質を調べる際、バグや意図しない動き、お客様が意図された内容が組み込み切れていないこと等を発見しトラブルを未然に防げたとき、自分の仕事の大切さを実感しています。

品質保証部 主事 大木 慎

代表から一言

 

 

 

仕事をして結果を出すには、技法の習得や、仕事の背景や情報の理解が必要ですが、それらは先輩から聞く等すれば解決できます。問題なのは「自分のやる気をどう起こしていくか」です。やる気は目標・目的意識が無いと難しいです。これから社会に出る方は、自分の仕事がどのように自身を高め・お客様に笑顔を与え・社会のために役に立つか、といった高い目標・目的を明確に持つことが大切です。当社もこれら意識を持ち続け、従業員・お客様・社会の豊かさに貢献し続けます。