INFORMATION会員向けメール配信情報

第22回マネジメントカフェ『どん底から這い上がる経営』のご案内(サイバーシルクロード八王子)

サイバーシルクロード八王子
会員の皆様

いつもお世話になっております。
サイバーシルクロード八王子事務局の仕舘です。

本日はサイバーシルクロード八王子より、
「第22回マネジメントカフェ」開催のご案内になります。

下記内容をご覧のうえ、お申込み・お問合せは
サイバーシルクロード八王子までお願いいたします。

メール:ishida@hachioji.or.jp
TEL:042-639-1009
FAX:042-639-1008

=========================== 記 ===========================

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 第22回マネジメントカフェ どん底から這い上がる経営
        【ゲストスピーカー】
   (株)栄鋳造所 代表取締役 鈴木 隆文 様

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「マネジメントカフェ」では、企業経営者の方を対象に
お互いに経営の考え方を勉強し、多くの企業がより発展できるように
がんばっていただきたいと、講演会と交流の場を企画しております。

平成19年に後継者育成業「はちおうじ未来塾」に入塾し、経営者として気づきを得る。
ところが、卒業直後に先代の急逝、リーマンショック、リストラ、負債が重くのしかかる。
そののち、自社が継続し成長するには、社長としての明確なビジョンを
持つ必要があることに気づき、自社のビジョンを「企業価値向上」とする。
さらに、それを実行するための社長の任務を
「財務」「情報収集(人脈形成)」「時間を作る」と位置づけ、それを実行に移していく。
アライアンスの立ち上げと外部地域との深い交流。
零細企業における毎年の新卒採用と外国人戦略的雇用。
海外へ行き肌で感じた事によるグローバル戦略。
海外拠点設置、セールスレップパートナー配置。
10年前は1業種依存が今では、他業種の国内外顧客数と取引している。
あくまでも日本でのものづくりに拘り、次世代への製造業を残すために奮闘中

今回のマネジメントカフェは
同社代表取締役の鈴木隆文様に勇気ある経営のお話をいただきます。

■日 時
 平成26年10月29日(水)18時〜20時
 ※講演終了後、同場所にて交流会を実施いたします。
  交流会参加費用1,000円

■会 場
 サイバーシルクロード八王子大会議室
 八王子市明神町2-27-6 たましんブルームセンター4階
 アクセスはこちら↓
  https://www.cyber-silkroad.jp/wp-content/themes/cyber/accessmap.php

■ゲストスピーカー
 (株)栄鋳造所 代表取締役 鈴木 隆文 様
 (株)栄鋳造所ホームページ↓
  http://www.sakae-v.com/ja/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/

■定 員 40名(定員になり次第、締め切ります)

■参加費 無 料(交流会参加者は1,000円)

■お申込方法
 メール、FAXまたはお電話にて
 サイバーシルクロード八王子事務局までご連絡ください。
 ※併せて懇親会参加の有無もお知らせください。

 メール:ishida@hachioji.or.jp
 TEL:042-639-1009
 FAX:042-639-1008

■パンフレットダウンロード↓
  https://www.cyber-silkroad.jp/wp-content/uploads/2014/09/sakae_co.pdf

—————————————————
■「マネジメントカフェ」は、
 企業経営者の方を対象に、地元八王子で活躍する
 中小企業経営者をゲストにお招きし、
 これまでの企業経営の歴史や経営手法、
 今後の事業展開などを伺い、
 参加者に気づきや経営のヒントを学んで頂く
 講演会・異業種交流会です。
—————————————————

==========================================================

************************************************
『首都圏情報産業特区・八王子』構想推進協議会
(サイバーシルクロード八王子)事務局
 仕舘 岳大(したて たけひろ)
 Tel:042-639-1009
 Fax:042-639-1008
 mail:shitate@hachioji.or.jp
 URL: https://www.cyber-silkroad.jp/
************************************************

—このメールの原本は下記リンク先に保存されています———