INFORMATION会員向けメール配信情報

「はちおうじ志民塾 第6期受講生募集」について

サイバーシルクロード八王子
会員の皆様

いつもお世話になっております。
事務局の岩月です。

本日はNPO法人八王子市民活動協議会より、
「はちおうじ志民塾第6期生募集」
のご案内させて頂きます。

ご興味のある方は下記内容をご覧の上、
お申込み・お問い合わせについては、
NPO法人八王子市民活動協議会
までご連絡お願いいたします。

================================ 記 ================================

「はちおうじ志民塾 第6期受講生募集」

 平成26年度で第六期を迎える『はちおうじ志民塾』。これから定年を迎える、
またはすでに定年を迎えた方々(概ね50歳以上の男女)を対象に、
これまで培ってきた知識や経験を活かし、社会貢献活動や地域活動などの担い手として、
地域に根ざして主体的に活動をしていただくことを目的に講座を開催しています。
 皆さんが、今までの人生で培ってきたものは、とても貴重なものです。「企業社会」から「地域社会」へ。
その“チカラ”を発揮し、八王子市の地域力・市民力を高めていきたいという、
“志”あふれる皆さんのお申込をお待ちしています。

 『はちおうじ志民塾』は、人生を振り返り今後の地域での活動の方向性を見出す「基礎課程」と、
より実践的な知識・スキルを身につける「専門課程」から構成されています。
 また、「専門課程」は選択制で、「地域活動実践コース」、「コミュニティビジネスコース」、「起業コース」の
3コースを設定しています。

詳しくはこちら
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/33852/shiminkatudo/shiminkatsudo/shiminjyuku.html

■『はちおうじ志民塾』の4つの特徴

・完全オリジナルカリキュラム
『はちおうじ志民塾』プロジェクトチームが、独自に企画した完全オリジナルカリキュラムです。
講義内容は、『はちおうじ志民塾』でしか学べない内容ばかりです!

・地域で活躍していくための、実践的な学習方法
『はちおうじ志民塾』は、単なる座学だけではなく、グループワーク、個人ワークなど多彩な学習方法を提供。
『はちおうじ志民塾』で学ぶ過程で、自然と地域で活動するためのスキルが身につきます!

・万全のフォローアップ体制
受講期間中の様々な問題解決や相談に応ずるとともに、卒塾後も市民活動支援センターと連携し、地域での活動の第一歩をサポートします!

・新たな人的ネットワークの構築
塾生同士のつながりはもちろんのこと、講師陣や卒塾生とのネットワークなど、将来にわたり心強い仲間が生まれます!この“志”を同じくする仲間とのネットワークは、皆さんにとって貴重な財産となるはずです。

■募集要項

募集人数:30名
応募資格:市内在住在勤で地域に根ざす活動をしたいという意欲あふれる概ね50歳以上の男女
申込期限:平成26年6月17日(火)まで
受講料 :基礎課程15,000円・専門課程15,000円
会場  :八王子労政会館(八王子市明神町3-5-1)ほか

■入塾をご希望の方へ
入塾をご希望の方は、下記URLからダウンロードした「入塾願書」に必要事項をご記入いただき、
NPO法人八王子市民活動協議会までお送りください。

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/33852/shiminkatudo/shiminkatsudo/shiminjyuku.html

願書送付先
  〒192-0083 八王子市旭町12-1 ファルマ802 5階
  特定非営利活動法人八王子市民活動協議会『はちおうじ志民塾』事務局宛
電話、ファックスの方は 042-646-1626
メールの方は kyougi@shiminkatudo-hachioji.jp  まで

***************************************************
 「首都圏情報産業特区・八王子」構想推進協議会
 (サイバーシルクロード八王子)事務局
  岩月 達男(いわつき たつお)
 Tel:042-639-1009 Fax:042-639-1008
 mail:iwatsuki@hachioji.or.jp
 URL: http://www.cyber-silkroad.jp/
 Facebook: https://www.facebook.com/csr.hachioji
 (八王子まちナビ: http://hachioji-machinavi.jp/)
***************************************************

—このメールの原本は下記リンク先に保存されています———